2019年02月19日

184年2月 張角率いる黄巾賊が一斉蜂起

174年頃に結成された太平道は、大賢良師を名乗る教主張角の下に、数十万人とも言われる信者が集まった、今日、最大の宗教組織である。その巨大なカルト教団が184年2月に河北一帯で一斉に蜂起した。各地で組織的にテロを行っている彼らの目論見は漢帝国の転覆にあるとみられている。漢帝国の秩序は、乱され、建国以来の危機に陥った。

反乱を起こした太平道は河北を中心に勢力を伸ばしている新興宗教団体である。道教の一派で、黄帝信仰の一種とされる黄天を崇めている。
もともとは、病人に符水という護符を沈めた水をのませて病の治療を行う霊感療法の団体に過ぎなかったが、不思議なことに治癒率が非常に高く、また、張角に類まれなカリスマ性があったことから、急速に信者を増やしてきた。
信者数が増えるに従い、張角は、組織の再編を行い、36のグループに分けたうえで渠帥と呼ばれる頭目にそれぞれのグループを率いさせた。その組織は、軍事的性格を有しており、今日の武装蜂起に備えたものとみられる。
この武装集団を率いるのは、天公将軍を名乗る張角のほか、その弟とみられる地公将軍張宝、人公将軍張梁である。彼らは、同志の証として、信仰する黄天にちなんで、黄色の布を被っており、このことから、張角らの武装集団を黄巾賊と呼んでいるとのこと。
太平道は、目下のところ、反乱を成功させて、勢力を爆発的に拡大しているとみられるが、これに対する漢帝国の対応は、遅れている。
洛陽の宮廷には、多数の報道陣が詰めかけているが、漢帝国の報道担当者は未だに姿を現していない。ある官僚は、「皇帝の側近である宦官が、自分らの失政を繕うために報告を握りつぶしており、皇帝陛下のお耳に達していない」と怒りをぶちまけた。
漢帝国は、光武帝による再興以来、最大の危機に陥っている。
posted by ノベル時代社武侠小説プロジェクト at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志ニュース

2019年02月20日

184年2月 黄巾賊蜂起事件続報 すでに宮中に黄巾賊のスパイが潜入していたか

先日、洛陽の市中で、車裂の刑に処せられた者がいた。名が伏せられ、何らかの重罪を犯したことしか公表されていなかった。通常、市中で処刑されるときは、処刑されるものが何者で、いかなる罪を犯したのか、公表されるが不可解な処置であった。
この人物の名は、馬元義と言い、太平道の渠帥の一人だったことが、今回の取材によって明らかになった。
関係者の証言によると、馬元義は、宮中の有力宦官らと密かに接触して、賄賂等を送り、張角らが蜂起した際に、呼応してクーデターを起こすように働きかけていたというのだ。
かなりの数の宦官が、馬元義の工作に応じたとみられるが、事前に計画が露見し、馬元義が囚われた。
馬元義から賄賂を受け取った宦官らは、自分たちの保身のために、馬元義を密かに処刑するように命令。つまり、口封じ目的だったものとみられる。
市中には馬元義の他に、太平道の関係者が潜んでおり、馬元義の処刑を知るや、直ちに張角へ急報。それが、今回の蜂起につながったものとみられている。
posted by ノベル時代社武侠小説プロジェクト at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志ニュース